BEGINNER’S GUIDE

初めての方へ

5つの特長

映画「おくりびと®︎」の世界観

映画「おくりびと®︎」で技術指導をした納棺師が、葬儀の全てを担当。 お体処置のスペシャリストである納棺師が、ずっとそばに寄り添い、故人様の状態を安定的に保ちます。

ご処置の資格保有者が複数在籍

自社の葬祭ディレクターが納棺師の他に美容師やネイル、トータルメイクアップなどのご処置に関わる資格保有者が複数在籍しておりますので、いつでも故人様のお顔を安心してご覧いただくことが可能です。

きれいで最新設備の整った葬儀会場、安置施設

1日1組限定の貸切の式場なので、気兼ねなく、お別れにの時間を過ごすことができます。また安置施設も完備しているので、ご自宅にお帰りができない場合でも安心です。

24時間365日、土日祝日もすぐに対応

深夜早朝やどんな時間でも即対応いたします。対面での事前相談もいつでも対応が可能で、ご指定の場所にお伺いいたします。 事前に1円単位のお見積もすぐにお出しします。

オンリーワンのこだわりのある葬儀にも対応

オリジナリティあふれる故人様を表現したご葬儀をご提案しております。 故人様らしい最期でお見送りのお手伝いをさせていただきます。

COST EXAMPLE

葬儀の費用実例について

実質のご負担額の実例をご紹介いたします。お食事やお返し物がある場合、ない場合、祭壇を少し豪華にした場合など、実質のご負担額の実例です。

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら

納棺師がお葬式の担当だと
何がいいの?

専門知識を兼ね備えた納棺士が初動処置から最期まで行い寄り添います。

故人様のお体の状態を常に安定的に保ちます。
お体の変化がご家族様に与える心理的なショックを和らげます。
ご家族様は大切な方をお見送りする準備に専念していただきます。

故人様のメイク直しや緊急の処置も、納棺士がそばにいるからこそ可能となり、
他には無い安心感をご提供させていただきます。

HOLE INTRODUCTION

斎場の紹介

KNOWLEDGE

葬儀の基礎知識

どのように故人様を送り出すの?

「おくりびと®︎のお葬式」が札幌市でお手伝いさせていただく、ご葬儀の流れです。その中で最も大切にしているのが「納棺の儀」です。

葬儀の流れ
詳細を見る

まずはコールセンター(0120-024-096)にお電話ください。すぐにお迎えにあがります。その後、ご自宅や施設で、納棺士が初動処置を行い、お体の状態を安定的に保ちます。

2.お打合せ(ご安置〜翌日)

ご安置後、ご家族様のご負担にならない時間で、納棺師がご葬儀のお打合せをさせていただきます。日程や場所、費用などのお打合せを行い、ご葬儀の内容を決定していきます。

納棺師が衣服のお着せ替えやラストメイクを行い、故人様をお棺に納めます。故人様のことだけに想いを馳せ、ご家族様一人ひとりが想いのままに見送ることができる、そんな場面を創出します。いつまでも心に残る大切な儀式です。

お別れのカタチも自由なものであるべきだと考えます。親しい方々だけでの送り方、お世話になった友人や親戚が多数集まるお葬式、ひとつとして同じものの無いお別れの場を、故人様やご家族様の想いとともに創りあげていきます。

ご葬儀後、多くの手続きごとが必要になりますので、無料でアドバイスさせていただいております。また、本位牌、仏壇、お墓探しのお手伝もさせていただいております。また、ご葬儀費用のお支払は、ご葬儀後、1週間以内にお支払いをお願いしております。

葬祭費補助制度をご利用いただけます

・国民健康保険のご加入者様の場合
 葬祭費として、7万円(※23区在住の場合)支給されます。
 ※高額医療費を支払った際は、高額医療費が支給される場合がございますので、札幌市にお問合せください

・社会保険のご加入者様の場合
 勤務先又は管轄の社会保険事務所に申請すると、埋葬料・埋葬費・家族埋葬料のいずれか5万円が支給されます。

東京都の葬儀の傾向について

東京都は、比較的古くから火葬場に併設させた斎場で葬儀を行うことが多い地域です。
桐ケ谷斎場、代々幡斎場に代表させる民間の火葬場が多くあります。
葬儀規模の縮小傾向は変わらず、30%が家族葬となっています。
葬儀費用ですが、日本消費者協会の調査によると葬儀費用、飲食費用、お布施等の合計が186万円となっています。

SERVICE

3つの無料サービス

いつでも無料の事前相談

はじめて葬儀をされる方や互助会員の方でも、すぐにご葬儀のご不安を解消できるように、24時間365日、ご相談は無料です。事前にお見積をご請求いただくと、葬儀費用を1万円割引いたします。

住職紹介サービス

お付き合いのあるご住職様がいない、遠方でお呼びすることができない場合など、無料にてご住職様をご紹介いたします。

メモリアルDVD無料作成

故人様との思い出を心に刻めるように、お写真などを取りまとめて、式中にお流しするメモリアルDVDを無料で作成いたします。

FUNERAL EXAMPLE

葬儀事例のご紹介

2017年1月

藤田様

女子プロゴルファー藤田光里さんのお父様

詳細はこちら
詳細はこちら

女子プロゴルファー藤田光里さんのお父様

2017.01.16

「お父さんらしいお葬式にしてほしい」 女子プロゴルファーの藤田光里さん、ゴルフの傍らで光里さんのキャディーをされ、現在ではモデル業でご活躍の藤田美里さん。そのお二人を立派に育て上げられた父 藤田孝幸さんがお亡くなりになりました。「お父さんらしいお葬式にしてほしい」。これがご家族のご希望でした。

加山雄三さんの大ファンだった孝幸さん。「光進丸」をBGMに、孝幸さんの幼少期からのお姿をスライドで編集・上映し、ご参列のみなさまと共にご覧いただきました。 また、孝幸さんはカニが大好物だったとお伺いし、おくりびと®︎スタッフよりカニをお供えさせていただきました。 最後に、孝幸さんの奥様で喪主を務められた藤田美香さんから、ご参列のみなさまへのお気持ちをカタチにさせていただいた挨拶状をご紹介いたします。

『謹啓 ご一同様には障りなく、お元気でお過ごしのことと存じます。 夫 藤田 孝幸が平成二十八年十二月九日、行年六十四歳にて生涯を終え、十二月十三日に滞りなく葬儀を執り行いましたことをご報告申し上げます。その節はご鄭重なるご供花、ご芳志を賜りまして誠にありがとうございました。 皆様よりご配慮を頂き、夫も心安らかに彼の地へ向かったことと存じます。ゴルフを通じ ご縁を結んでくださった方々、お世話になった社交ダンス関係者の皆様、そして様々な場面で夫を支えてくださいました皆様へ、厚くお礼申し上げます。

別れを経て胸に込み上げるのは、これからも我が子の成長を見守って欲しかったという思いです。夫は子供達が幼い頃よりゴルフを教え、親子の絆をはぐくんできました。努力を実らせ長女がプロの道へ進み、無事一勝をあげることもでき、本人としてもさらなる活躍を見届けたかったはずです。 そして二女と長男が未来へ羽ばたく姿も楽しみにしていたことと思います。叶わぬ夢に切なさが募りますが、下を向いているより、一歩を踏み出すことが最良の恩返しになるのでしょう。今後も家族で助け合ってまいりますので変わらぬお付き合いを頂けましたなら幸いです。最後になりましたが寒さ厳しい日が続いております。一層のご自愛をお祈り申し上げご挨拶にかえさせて頂きます。  謹白』

2017年7月

H様

ご利用者の声 平成28年5月ご利用

詳細はこちら
詳細はこちら

ご利用者の声 平成28年5月ご利用 H様

2016.12.13

母のお葬式でお世話になりました。 母が余命宣告を受け途方に暮れていた病院の帰り道に、 目に飛び込んできた看板を見て、ご相談に伺いました。

担当の方が懇切丁寧に費用の事や、事前の 心づもりを教えてくれたお陰で、落ち着いて その時を迎える事ができました。

式場に着いてからは、打合せもそこそこに 「きれいなお姿で送ってさしあげましょうね。」と、何度も 顔のマッサージをしてくれたこと、大変感動いたしました。 式場も大きすぎず、自宅でお葬式を行なっているようで 大変快適に過ごす事ができました。

常に傍らには、担当の方が控えていてくれて、大変心強かった事を 昨日のことのように覚えています。 おくりびと®︎のみなさまの人柄や一生懸命さに心打たれました。 ありがとうございました。

FAQ

よくあるご質問

認定納棺士は他の納棺士とどこが違うのですか?

細かく規定された納棺の所作やご家族様への対応等、映画「おくりびと®︎」の中で描かれているような心のこもった納棺がおこなえます。基本的に納棺士1名でお体への処置やお着せ替え、メイクをおこないます。(シャワー湯灌をおこなう場合には2名でうかがいます。)一部葬祭場をご利用の場合には「納棺の儀」がおこなえない場合もございますが、損傷のあるお体も含め、生前に近い安らかな状態をつくりだす技術に優れています。

納棺以外の葬儀全体は誰が担当するのですか?

ご家族様に寄り添い、葬儀の施行を進める担当者も、基本的に認定納棺士がおこないます。担当者はご家族様に一番近いサポート役です。何なりとご相談、お申し付けくださいませ。

自宅で葬儀はできますか?

はい、もちろんできます。自宅でのご葬儀の場合、葬儀会場(斎場)の使用料がかかりませんので、安価に葬儀を執り行うことが可能です。また、お時間に限りはございませんので、住み慣れた場所で、ゆっくりと故人様を偲んでいただけます。

家族が用意する、着せ替え用の服装に制限はありますか?

いいえ。基本的にはございません。認定納棺士は様々な服装へのお着せ替えをおこなえるだけの技術を持ち合わせております。着物・洋装・神式・スーツ等、故人様の思い入れのあった服装をご準備ください。もちろん別途弊社にて準備させていただくことも可能です。

葬儀社をどうやって選んだらよいですか?

まず、気になる葬儀社(近所の葬儀社、紹介された葬儀社、ネットで調べた葬儀社など)から3〜4社くらいピックアップを行い、見積書や資料を請求してください。その後、お見積の金額や資料のわかりやすさなどを見比べてから、気になる葬儀社と対面での葬儀相談をおすすめいたします。実際に葬儀社のスタッフと会い、人柄や提案力、身なりなどをみて、葬儀を任せられる葬儀社かどうかを決めましょう。弊社では、いつでも(24時間365日)葬儀相談も可能でございますので、何なりとお申し付けくださいませ。

亡くなった後に、まずは何をすべきでしょうか?

法律上、特定の疾病や疾患のあるお体を除き、死後24時間以上経過しないと火葬ができないことになっております。葬儀をおこなうまでの間、お体を安置する場所を決めなければなりません。病院などからご自宅に戻られる場合は特に問題はございませんが、ご自宅以外での安置を希望される場合には、迅速な手配が必要となります。何なりと弊社担当にご相談くださいませ。

役所への手続きは代行してもらえますか?

死亡届等の作成に必要となるため、認印をご準備ください。(シャチハタ印は不可)また、遺影写真作成のため、故人様のお顔が大きく写ったお写真を数点お選びください。その他事項に関しましては弊社担当が逐次ご相談をうけたまわります。

宗教者への連絡は必要ですか?

菩提寺のある方は、宗教者と葬儀日程の打ち合わせが必要です。菩提寺が遠方の場合には、同宗旨・宗派の宗教者を別途紹介していただける場合もございます。決まったお寺等が無い場合には、弊社担当がご紹介させていただくことも可能です。

葬儀代金の支払いはいつおこなうのですか?

一部火葬場利用料や会食代金は、ご利用後すぐに直接お支払いいただく必要がある場合もございます。その他、宗教者へのお布施等につきましても、葬儀中または終了後すぐにお支払いいただかなければならない場合もございます。あわただしい中、ご不便をお掛けしますが、一定程度の現金のご用意をお願い申し上げます。弊社へのお支払いは葬儀終了後1週間程度を目安にお支払いください。

THOUGHT

私たちの想い

お体処置のスペシャリストである納棺師が、ご葬儀の担当者としてお見積から火葬にいたるまで、ずっとそばに寄り添い、故人様の状態を安定的に保ちます。

「おくりびと®︎のお葬式」は既存の葬儀とはまったく異なるコンセプトで葬儀をおこないます。我々が最も大切にしているのが「納棺の儀」です。 ご存じない方も多いかもしれませんが、一般的に納棺の仕事は葬儀会社が専門事業社に外注していることが多く、 お体の急な状態変化にすぐに対応できないことも多いのです。皆様は過去の葬儀において、 遺影に手を合わせるだけで、故人様のお顔を見ることができなかった、という経験をお持ちではないでしょうか。 本来、納棺はご家族様や近隣の方々、寺院を含む地域の共同体で執りおこなわれてきました。故人様のことだけを想い、 肩肘張らずに皆で参加し、生前の思い出を語り合いながらご納棺。別れの場において周囲を気にすることなく、 本当に故人様のことだけに集中できる大切なお時間なのです。

「おくりびと®︎のお葬式」ではプラン内容や価格帯にかかわらず、全てのプランで認定納棺士が付き添います。 お体処置のプロフェッショナルである納棺士がかたわらに居ることで、いつでも故人様のお顔を安心してご覧いただくことが可能です。 いわば「故人様に会えるお葬式」なのです。「みんながおくりびと®︎になる」を合言葉に、 人生最期の大切な時間を精一杯お手伝いさせていただきます。

OUTLINE

会社概要

会社名 おくりびと®︎のお葬式
住所 本社
東京都港区三田2丁目12−5
電話番号 0120-024-096
代表者 木村 光希
事業内容 葬祭業
おくりびと®︎アカデミー運用
その他イベント企画
メデイア 【2017年】
メディア
1月:北海道新聞
3月:Yahoo!ニュース(特集)
3月:アンフィニ(雑誌)
8月:HBC「今日ドキッ!」で紹介
8月:STV「どさんこワイド」で紹介
講演・実演
1月:Death Hackathon デスハッカソン(主催:博報堂)
3月:有限会社ナイスケア
4月:株式会社リープ 目白訪問看護ステーション
6月:横浜高齢者グループホーム連絡会 旭・瀬谷ブロック研修
6月:グループホームみのり職員研修
6月:グループホーム みのり若さん宮さん
7月:磯子区訪問看護ステーション研修
7月:よみうり いきいき終活フェスタin大阪
8月:さっぽろ東急百貨店にて「おくりびと®︎終活フェア」を開催
8月:エンディング産業展2017にて出展。アメリカ合衆国公共放送サービス(PBS)から取材

【2016年】
メディア
10月:ケアライフトゥデイ(雑誌)
講演・実演
9月:終活フェスタ2016 (大田区)
10月:公益社団法人全国老人福祉施設協議会
10月:グループホームあかり職員研修
10月:グループホーム横浜はつらつ、横浜ゆうゆう職員研修
11月:特別養護老人ホーム キングスガーデン
11月:社会福祉法人ウィルガーデン

【2015年】
メディア
1月:エルダリープレス(雑誌)
10月:おはよう21(雑誌)
10月:北海道新聞・神奈川新聞・河北新聞・静岡新聞(夕刊)・山陽新聞・宮崎日日新聞
12月:エルダリープレス(雑誌)
講演・実演
1月:築地本願寺(主催:NPO法人Ubdobe ウブドベ)
2月:日比谷公会堂(主催:日本の福祉現場力を高める研究大会)
6月:アジア葬祭教育連盟(台湾)
8月:アジア葬祭教育連盟(マレーシア)
9月:神戸大学
11月:築地本願寺(主催:NPO法人Ubdobe ウブドベ)

【2014年】
メディア
2月:Emerson エマーソン(雑誌)・ザテレビジョン(雑誌)
4月:月刊住職(雑誌)
6月:経済界(雑誌)
7月:経済界(雑誌)
7月:GENROQ ゲンロク(雑誌)
8月:経済界(雑誌)
9月:読売新聞(新聞)
11月:日経産業新聞
講演・実演
5月:臨済宗東福寺派 大本山東福寺石庭にて 納棺の儀
5月:アジアフューネラルエキスポ(香港)
6月:フューネラルフェア(台湾)
6月:サンクチュアリ出版
11月:アジア葬祭教育連盟(中国)

【2013年】
メディア
5月:ノンストップ!NONSTOP!(フジテレビ)
9月:AERA アエラ(雑誌)
9月:Yogini(雑誌)
10月:TruNatt(雑誌)
11月:経済界(雑誌)金卵発掘プロジェクト 審査員特別賞
12月:ビジネスチャンス(雑誌)

CONTACT

資料・お見積請求

スタイル
その他ご相談内容

例:急いで見積もりがほしい/お寺とのやり取りが分からない/港区で葬儀を考えている/低価格だけどしっかりと式をあげたい

お名前必須
郵便番号

※住所が自動で入力されます。

住所必須
電話番号必須
メールアドレス

必須項目を入力すると送信できます。

© 2017 おくりびと®︎のお葬式

上に戻る